HOME > 施設のご案内

ニーズ別事業紹介
経営を改善したい 新しい事業を始めたい 技術課題を解決したい 大学・企業と連携したい 海外ビジネスを行いたい 会議室・ホールなどを借りたい オフィス・研究室を借りたい セミナー・イベント
施設のご案内
横浜市産学共同研究センター 横浜新技術創造館 リーディング ベンチャー プラザ 横浜金沢ハイテクセンター・テクノコア 横浜市金沢産業振興センター 横浜情報文化センター 横浜メディア・ビジネスセンター
財団からの情報
財団発行メールマガジン ニュースリリース IDEC News Letter 外国語パンフレット
IDEC横浜健康経営宣言
ご利用者の声
リンク先一覧
施設入居に関するお問い合わせは 045-225-3710 まで
入居募集のお知らせ
  • 横浜金沢ハイテクセンター・テクノコアで、ラボ、オフィスの空き室があります。
  • 横浜市金沢産業振興センターで、オフィスの空き室があります。
  • 横浜メディア・ビジネスセンターで、オフィスの空き室があります。
施設別 貸室タイプ
横浜市産学共同研究センター横浜新技術創造館
リーディングベンチャープラザ
横浜金沢ハイテクセンター・テクノコア横浜市金沢産業振興センター横浜情報文化センター横浜メディア・ビジネスセンター
貸室用途 工場(実験スペース)
ラボ
オフィス
工場(試作工場)
ラボ
オフィス
ラボ
オフィス
オフィス
店舗
オフィス オフィス
貸室面積 50~455m2 25~390m2 32.8~126.7m2 65.3~105.6m2 43.2~846.6m2 67.2~435.8m2
賃料・共益費(月額・税込)
賃料
1,080~
2,700円/m2
共益費
270~
1,296円/m2
賃料
1,188~
2,700円/m2
共益費
432~
1,296円/m2
賃料
2,571円/m2
 
共益費
1,286円/m2
賃料
相談
 
共益費
926円/m2
賃料
相談
 
共益費
1,350円/m2
賃料
相談
 
共益費
1,404円/m2




空  室
試作工場/実験スペース 空きなし 空きなし
ラボ 空きなし 空きなし 空きあり
オフィス/店舗 空きなし 空きなし 空きあり 空きあり 空きなし 空きあり
各施設のご紹介
横浜市産学共同研究センター
施設の特徴

横浜市産学共同研究センターは、研究者の多様な開発ニーズに応えるため、大規模な実験空間を持つ実験棟と、小・中規模の研究空間をはじめ、会議室や交流サロンを持つ研究棟とで構成されます。

産業界の優れた技術力と大学等の研究開発力を結集し、既存産業の高度化と新たな産業の創出を目指します。

実験棟研究棟
構 造 鉄骨造平屋建て 鉄筋コンクリート造2階建て
建物規模 延床面積 2,683m2 建築面積 約1,639m2
延床面積 約2,869m2
規模 [ブース規模] 約455m2×1室、約445m2×4室
約230m2×1室、約215m2×1室
[研究室規模] 約150m2×3室、約100m2×3室
(標準区画)約75m2×1室、約50m2×8室
天井高 約7.9~12.9m(梁下)各ブース間の間仕切りはスチールパーティション(高さ約2.5m) 約2.9m
床仕上げ A、B、Cブース...コンクリート床仕上げ
D、E、F、Gブース...エポキシ樹脂塗り(耐薬)
エポキシ樹脂塗り(耐薬)
一部の研究室は長尺ビニール床シート (耐薬、帯電防止)
出入口 電動シャッター(幅 約4.4m、高さ 約3.7m)
片開き扉(幅 約0.8m、高さ 約2.0m)
床荷重 1階 1,000kg/m2、2階 500kg/m2
供給施設 電気(単相3線 210V/105V、3相3線 210V)給排水、ガス(低圧) 電気(単相3線 105/210V、3相3線 210V)、給排水、ガス(低圧)
その他 すべてのブースにステンレスシンクを設置しています。 すべての研究室にステンレスシンクとボンベ置き場を設置しています。一部の研究室には、ドラフトチャンバーを設置します。
横浜新技術創造館・リーディングベンチャープラザ
施設の特徴

1号館:新技術開発・新事業展開を目指す中小企業、ベンチャー企業、起業家の方々等に多様な賃貸型の事業拠点を提供します。

2号館:中小企業、ベンチャー企業、起業家等のためのバイオ等先端分野の新技術・新製品開発、新分野進出を図るため研究開発事業拠点です。

  • 研究開発・事業に応じた3つの仕様
  • 24時間、365日の事業活動を支える機械設備・管理
1号館2号館
所在地 横浜市鶴見区小野町
構造階数 鉄筋コンクリート造 5階建 鉄筋コンクリート造 4階建 塔屋1階
施設内容 2階・中2階 試作開発工場・オフィス(100m2・30m2×2室 150m2・30m2×1室 200m2・60m2×2室 200m2・90m2×1室)
2階 ラボ(50m2×3室 100m2×2室)、セミナールーム、ミーティングルーム
3階 ラボ(50m2×4室 100m2×4室)
4階 ラボ(50m2×2室 100m2×3室)、オフィス(50m2×1室)
5階 オフィス(25m2×8室 50m2×5室)
ラボ(研究室仕様オフィス)、オフィス
1階 オフィス(45m2×8室)、ミーティングルーム)
2階 ラボ(45m2×2室、90m2×4室)
3階 ラボ(45m2×3室、90m2×3室)、休憩コーナー
4階 ラボ(45m2×2室、90m2×4室)
主な付帯施設 セミナールーム、ミーティングルーム、商談室、コピールーム、シャワールーム ミーティングルーム、商談室、コピールーム
駐車場 完備 完備
横浜金沢ハイテクセンター・テクノコア
施設の特徴

ラボは全室ウエット仕様で、カルタヘナ法に基づく遺伝子組み換え実験レベル「P2」に対応した研究開発施設です。バイオ関連をはじめとして、半導体設計関連、環境関連企業などにご利用いただいています。

5、6階1階~4階
貸室用途 オフィス ラボ
占有面積 32.8~126.67m2 58.28~126.67m2
賃料月額・共益費
月額(税込み)
賃料2,571円/m2、 共益費1,286円/m2 賃料2,571円/m2、 共益費1,286円/m2
天井高 2.7m 2.7m
耐床加重 500㎏/m2 500㎏/m2
床仕上げ タイルカーペット 耐薬品特殊塗装仕上げ
壁仕上げ 軽鉄下地、石膏ボード ペンキ仕上げ 耐薬品特殊壁紙仕上げ
天井仕上げ 化粧石膏ボード 化粧石膏ボード
開口部 親子開戸 w=2,000 親子開戸 w=2,000
単相200/100V
MCB AF/AT
5kVA×1 5kVA×1
3相200V 5kVA×1
照明・照度 蛍光灯500Lx 蛍光灯500Lx
ガス(都市ガス)天井キャップ止め 1箇所
給水天井キャップ止め 1箇所
排水床下ピット内キャップ止め 1箇所
特殊廃液等 各部屋にてポリタンク処理または地下貯蔵室へ貯蔵用タンク設置
空調設備 冷暖房 冷暖房(実験、研究開発に関わる高負荷については入居者負担による増設工事必要)
電話回線 入居者工事
インターネット回線 各階端子盤までは共聴ケーブル配線済み以降入居者工事
TV回線 各階端子盤までは共聴ケーブル配線済み以降入居者工事
セキュリティ
システム
各部屋の入退出はキーボックス、セキュリティカードにて管理(機械警備)
防災センター設置、警備員24時間常駐
ユーティリティ コピーコーナー、サロン、商談室、会議室、喫煙室完備
アメニティ 施設内にホテル、レストラン、バー、喫茶店有り
福利厚生施設(横浜市金沢産業振興センター)徒歩2分
横浜市金沢産業振興センター
施設の特徴

金沢産業団地に進出した企業の事業活動の円滑と従業員の福利厚生施設として整備されました。

メイン棟3階サービス棟2階
貸室用途 事務室 事務室
専有面積 65.34m2 105.56m2
賃料・共益費月額(税込) 賃料:2,880円/m2  共益費:926円/m2
天井高 2.7m
耐床荷重 500㎏/m2
床面仕上げ コンクリート仕上げ(室内は入居者工事) VINYL TILE 仕上げ
壁面仕上げ 水性塗料仕上げ(既存)
天井面仕上げ 化粧石膏ボード(既存)
開口部 両開き W:0.9m×H:2.1m
単相200/100V 5kVA 各階端子盤(EPS)入居者負担による設置工事要
3相200V 5kVA 各階端子盤(EPS)入居者負担による設置工事要
照明・照度 蛍光灯500Lx 既設照明器機(600lx)
空調設備 冷暖房 既設空調機(冷・暖)
ガス(都市ガス)
給水
排水
電話回線 各階端子盤(EPS)配線済み以降入居者工事(NTT標準工事)
インターネット回線 各階端子盤(EPS)光ケーブル配線済み以降入居者工事(NTT標準工事)
TV回線 各階端子盤までは共聴ケーブル配線済み以降入居者工事
セキュリティシステム 警備員24時間常駐
ユーティリティ 会議室、研修室、体育棟、テニスコート、グラウンド
アメニティ 施設内に銀行、郵便局、食堂・喫茶店
※ 店舗の仕様については、お問い合わせください。

 

横浜情報文化センター
施設の特徴

開港以来の歴史の記憶が残る日本大通。その街並みを代表する建物のひとつとして市民に愛される横浜情報文化センターでは、オフィススペースの入居者を募集しています。

募集業種

原則として、IT関連企業及び団体等ですが、その他の業種につきましてもご相談ください。

横浜メディアビジネスセンター
施設の特徴

開港以来、みなと横浜発展の中核を担い続けてきた関内。
横浜の歴史や文化が息づいたこの街に情報・放送・通信・IT関連の集積拠点として建設されたのが、横浜メディア・ビジネスセンターです。

(公財)横浜企業経営支援財団(IDEC)は、当ビルの7階と6階の一部で財団本部を運営しています。
また5階と6階の一部については、事務所スペースとして賃貸しています。

ページの上にもどる
Copyright ©2017 IDEC Yokohama. All Rights Reserved.