HOME > セミナー・イベント > セミナー・イベント(詳細)

ニーズ別事業紹介
経営を改善したい 新しい事業を始めたい 技術課題を解決したい 大学・企業と連携したい 海外ビジネスを行いたい 会議室・ホールなどを借りたい オフィス・研究室を借りたい セミナー・イベント
施設のご案内
横浜市産学共同研究センター 横浜新技術創造館 リーディング ベンチャー プラザ 横浜金沢ハイテクセンター・テクノコア 横浜市金沢産業振興センター 横浜情報文化センター 横浜メディア・ビジネスセンター
財団からの情報
財団発行メールマガジン ニュースリリース IDEC News Letter 外国語パンフレット
IDEC横浜健康経営宣言
ご利用者の声
リンク先一覧

セミナー・イベント

セミナー・イベント詳細

第225回産学交流サロン「IoT時代のものづくり(第1弾)~激化するものづくり企業のグローバル能力構築競争~」
ジャンル
ものづくり・技術開発 / 機械・加工 / 機械設計 / 電気・電子 / 金属材料 / 化学・樹脂 / 生産管理 / 情報技術 / その他技術 / 環境技術・省エネルギー / 産学交流サロン / 産学研究会活動
残席数: 
概要 IT技術が発展していく中で、ものづくり現場においてもその技術を駆使した生産性の向上や人手不足への対策が求められています。
 本サロンにおいては、デジタル時代におけるものづくり企業の現状とこれからの対策とともに、新しい時代の企業現場「革新製造技術Team」での取組み事例を交えて、中小企業の皆さまの現場改善に役立つ情報を提供いたしますので、ぜひともご参加ください!
 
開催日

2018年09月27日(木)13:30 ~ 15:40

会場 横浜企業経営支援財団 大会議室
 横浜市中区太田町2-23 
 横浜メディアビジネスセンター7階 (関内駅・馬車道駅より徒歩6分)
参加費 市内企業1,000円(1名につき)
 市外企業2,100円(1名につき)
 当日会場にて申し受けます
 お釣りがないよう、お願い致します
 
 ※横浜型地域貢献企業、横浜知財みらい企業及びIDEC施設入居企業
  無料
 ※横浜グローバルものづくり企業ガイド2017・18掲載・申込済企業
  無料
 
 
プログラム ●13:30~14:30
 「デジタル時代の日本のものづくりをいかに強くしていくか!
 ~厳しいが勝機もある ものづくり(中小)企業の"グローバル能力構築競争"~」

 
 東京大学大学院 経済学研究科 教授 藤本 隆宏 氏
 
 <講演概要>
 過去、20年以上生き残るために強くなった日本の現場を「戦うマザー工場」として活かすことにより、その力をグローバル全体最適経営に結びつけることが今、多くの日本企業に求められています。
 制約条件が際限なく厳しさを増す世界では「多能工・チームワーク型の現場が持つ日本の強み」が優位となってきます。これら強みを最大限に活かしながら、デジタルの世界とどうつながって自社に有利なビジネスモデルを作っていくかが、各企業の腕の見せ所となるでしょう。また、今後、激戦区となると思われる「ICT-FAインターフェイス」では、何らかのオールジャパン体制も必要となる局面もありそうです。以上について、種々の事例も含めて紹介します。
 
 
 
 ●14:40~15:40 
 「ヒト協調型ロボットの活用と人材育成・女性社員の活躍事例について」
 
 日産自動車株式会社 第一製造部 エンジン課 専門工長 白石 京 氏 
 
 <講演概要> 
 日産自動車横浜工場では、より合理化された生産工程が必要であることに加え、労働力の高齢化や重要なスキルの喪失という現実に直面していました。また製造現場では、従業員がしっかりサポートされ、適切な経験を積めることなども重要です。そのため横浜工場では、4年前からヒト協調型ロボットを導入しています。特徴は、現場の課題を洗い出し、その課題に見合った機能を自らロボットにプログラミングをするという形をとっており、生産性向上に大きく貢献しています。
 導入までのプロセスや課題、安全性の確保、またはそのための人材育成への積極的な取組みからものづくり現場への女性社員の活躍の推進など、当社の取組みをご紹介します。
 
申込み方法 下記の『参加お申し込みフォーム』ボタンよりお申し込みください。
 (初回に、ユーザー登録が必要となります)
 
お問い合わせ (公財)横浜企業経営支援財団(IDEC) 経営支援部 技術支援担当 TEL:045-225-3733
定員 50名(定員になり次第締め切らせていただきます)
申込期限 2018年09月26日(水)

東京大学大学院 経済学研究科 教授 藤本 隆宏 氏

東京大学経済学部卒業後、三菱総合研究所を経て、ハーバード大学ビジネススクール博士課程修了(D.B.A)。現在、東京大学ものづくり経営研究センター長も務めている。専攻は、技術管理論・生産管理論であり、著書に「日本のものづくり哲学」「ものづくりからの復活」など多数手掛けている。

日産自動車株式会社 第一製造部 エンジン課 専門工長 白石 京 氏 

2005年に日産自動車(株)横浜工場に入社し、エンジンの組立ラインに配属される。
その後、他課(技術課)への実習期間を経て、社内の短期大学(日産短大)へ。
短期大学卒業後の2011年より、出身職場である製造部署の改善業務に携わる。
2015年に革新製造技術チームが発足し、人協調型ロボットを活用した装置製作を中心として
製造部出身ならではの視点から、新たな技術を取り入れ製造部の改善を行っている。

ページの上にもどる